竹富島のリゾートアルバイト

竹富島には沖縄が全部詰まってる

石垣島から船で10分(30分に1本でています)の場所にある八重山諸島人気NO1の離島『竹富島』。
石垣島からの利便性の良さとレンタル自転車(東京と違って自転車は鍵をかけなくても盗まれません)で2時間ぐらいで回れるので日帰りの人にも大人気です。
この島には、僕が思い描いていた沖縄県のイメージが全て詰まっていました。
集落はあぜ道で、コンクリートの壁でなく垣根で区切られていて、新田観光さんの水牛が観光客を乗せて集落を歩き、おじぃの唄う「安里屋ユンタ」が三線の音と共に心地よく聞こえてきます。
各家に飾ってあるシーサーは全て違う形をしていて、シーサー見物だけでも楽しめます。
そば処『竹の子』では、手作りのコーレグース(泡盛を島唐辛子につけたもの)をかけて食べる八重山そばは本当に美味しかったです。
また、なごみの塔からは、集落を一望でき赤やオレンジのレンガ屋根の風景が本当に綺麗です。

綺麗すぎる海と空

そして何といっても圧巻なのが海の綺麗さ。水が透明で綺麗なので、海底が透けていている海の色は、絵の具をたらしたような鮮やかな、言葉では言い表せないぐらい青や緑色をしています。
そして白く輝く砂浜と青過ぎる空。 30年の人生で初めて海を見て涙が出そうになる程感動しました。
あまりにも気持ち良くて、綺麗だったので、星砂で有名な(猫もとっても有名ですが)カイジ浜からコンドイビーチの途中の場所で3時間何もせず、ずーっとぼーっと海や空を眺めていました。
民宿(小浜荘)に帰ると他の女のコも別の場所で海を数時間ずっと眺めていたとのことです。
昼は海や空の綺麗さに感動し、陽が沈む夕方には西桟橋からの夕陽の綺麗さに感動し、夜は星空の綺麗さに感動し、朝は朝陽の綺麗さに感動し、自然の綺麗さを1日中感動できるのが八重山諸島の素敵な点です。
夜は宿の旅行者の人たちとお互いの呼び名を決めて、夜通し『ゆんたく』を楽しみました。
その日1日だけしか話していないのに、4年も経った今でも毎年年賀状のやり取りをしています。
そんな出会いも竹富島のすごく素敵な良い思い出です。

沖縄離島(八重山諸島)のリゾートアルバイトの魅力とは?メニュー

沖縄離島(八重山諸島)のリゾートアルバイトの魅力とは?リンク